リオ五輪が始まりましたね。

ブラジル・リオとの時差はわずか、
マイナス1時間=米国ボストンです

当初は現地に観戦に行こうか、
と思ったほど日本と比べて近いですが、
フツーに自宅観戦となりました。




















特に準備せず、
開会式でテレビチャンネルを回すと、
アメリカ全国ネットのNBCで中継中。

日本にはスポットを当てないので、
いつ出てくるんだと、
眠くウトウトしながら、
ずっと見ていました。



















おぉ、サウジアラビア。
語学学校で一緒に席を並べてから、
急に気になる存在になりました。

だいぶったって、
日本人選手団がやっと出てきました!



















画面上に黄色で字幕を出していますが、
「ブラジルへの日本移民」にも触れています。

そしてスマホで写せませんでしたが、
卓球、福原愛ちゃんの笑顔を観てほほえましい気持ちに。
愛ちゃん頑張って!

と思ってたら、次の瞬間、、、



















USAUSAUSA(※音声)
 
あろうことか、
アメリカ選手団のバカ騒ぎの映像に切り替わりました。

おいおい!戻せ、戻せ!



















あ、戻った。
と思ったら、すぐ次の国へ。

米国NBCテレビのリオ五輪開会式で、
日本人選手団の入場が写っていたのは、
ものの10秒弱でした。

中国は選手数も多いでしょうが、
かなり長い時間、映していたのに……。

アメリカの日本への関心なんて、
この程度なのだと、知りました。

ある程度は覚悟してましたが、
アメリカで普通にテレビを見てると、
日本人選手の活躍を
ほとんど応援できないです。

そもそもいつ何の、
注目競技を放送しているかも不明。



















気を取り直して、2日目。
NBCテレビで水球をやっていました。
当然、日本選手チームじゃありません。

付けっぱなしにしていると、
水泳男子でJPNの選手が2人。
おぉ決勝!
 
Hagino!  Seto!
頑張れ!いける!
と、テレビに向かって応援しました。

やったー、金と銅!
「1 & 3, Japan」と実況されてました。

でも試合直後のインタビューは、
2位のアメリカ人選手のみ…。
表彰式もいつやるのか不明です。
 
萩野と瀬戸の声を、すぐ聞きたい!

当然なんですが、改めて。
五輪は国際商業スポーツ大会ですが、
海外で母国選手をリアルタイムで応援するのは、
そう簡単じゃないです。

荻野の金メダルが見られたのは、
男子水泳がたまたま決勝だったから。
かつ、米国の注目選手がいたから、
おこぼれで、応援できただけです。

日本にいると洪水のような五輪報道、
日本の注目選手がことさら出てくることに、
たまにウンザリしますが、今は枯渇。

日本に住んでいる外国人たちも、
五輪では、いろいろな工夫をして、
祖国選手を応援しているのでしょうね。

その気持ちに初めて触れたRio 2016です。




留学ランキングへ